夏、海、お出かけ、ダイエット効果、くびれ

【暑さに負けるな!】夏バテの原因と症状と予防

夏バテとは、
もともとはお盆を過ぎたころに、夏の暑さによってたまった疲れが出て体調を崩すことを指していました。しかし、昨今は気象の変化や、エアコンに普及による体の冷やしすぎなどから起こる、夏の時期の体調の悪さの総称として使われるようになっています。

夏バテと一言で言っても、様々な症状があります。
その対策をしっかりしておくことで、元気に夏を乗り越えましょう!

夏、夏女子、お出かけ、オシャレ

夏バテの原因

① 温度差による自律神経の乱れ
今や、どこに行っても設置されているエアコン。熱中症予防なども含め、なくてはならないものですが…。暑さと湿度が増すばかりの屋外と、エアコンを効かせた室内との出入りを繰り返すことは、自律神経のバランスを崩す原因となります。自律神経が崩れると、寝つきが悪くなり、疲労が蓄積することによって、夏バテを引き起こすことがあります。

夏、陽射し、水しぶき、太陽

② 暑さによる食生活の乱れ
夏に冷たい飲みものばかり飲み過ぎてしまうと、胃酸が薄まり、内臓が冷え、消化酵素の働きが悪くなる。食欲も落ちるので、食事の摂取量が減り、体力回復や維持に必要なエネルギーや栄養素が不足がちになるわけです。

夏バテ、冷房病、クーラー病、食欲不振、食べたくない

③ 発汗の異常
高温多湿の環境下にいると、汗の出口周辺が詰まり、発汗が困難になることがあります。さらに、水分補給が不十分なことが重なると、体の体温調節がうまくいかなくなってしまいます。常に軽い脱水症状でいることも、夏バテの要因の一つです。

汗、発汗、太陽

このように、いろいろな原因が重なって、起こる夏バテ。
では、どのような症いろいろな原因が重なって、起こる夏バテ。状が出てくるのでしょうか?

夏バテの症状

・全身のだるさと疲労感
・食欲不振
・吐き気
・熱っぽさ
・頭痛
・めまい
・胃もたれ
・下痢
・寝つきが悪い

…などなど。一見すると風邪や貧血の症状によく似ていますよね?
「なんだか、体調がおかしいな?」と思ったら、無理せずお近くの医療機関でご相談されてください。

夏バテにならないための生活習慣

・十分な睡眠時間を確保し、疲労回復を心がける。
イベントが多い季節ですが、疲れには要注意。しっかり質の良い眠りを確保しましょう。
・冷房の設定温度を室温は27~28度。
冷やしすぎには、注意。これでも暑いようなら、冷感インナーなど衣服の工夫などを取り入れてみましょう。
・汗をかいたらスポーツドリンクで水分補給。
コツは、こまめに早めに。「のどがかわいた」と感じる前に少しずつ摂取するようにしましょう。
・豚肉やウナギなどのビタミンB群、野菜やフルーツなどのビタミンCを含む食材を摂る
食欲が落ちやすいこの時期の食事は、量よりも質が大事。特にビタミンは積極的に食事に取り入れましょう。
・一日1回は、リラックスする時間を作る。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かったり、スマホやパソコンを触らない時間をしっかり設けたりして、自律神経を整える意識を持ちましょう。

毎年、夏バテしやすいかたは参考になさってください^^
とにかく、無理をせずつらい時はご相談くださいませ。

summer関連記事はこちら⤵⤵

夏の癒しはココにあった!もう手放せない!【部位別おススメひんやりコスメ】

ゴーヤ大量消費!苦くないやみつきレシピ3選

クーラー(冷房)病。私のカラダが馬鹿になってしまっている・・・

NOTICEは、とある調剤薬局が取り組む
新しい情報サイトのカタチ。
身体にも、こころにも効きそうな商品・情報をお届け!
自分にとっての「健康」、「美しさ」、「豊かさ」って?
新しい気付きを、NOTICEでぜひ発見してください。
私たちについての紹介ページもぜひご覧ください⤵⤵

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。