かかと、かかとケア、乾燥ケア、つるつるかかと、フットケア、ボディケア

【カチカチかかと】原因の生活習慣と対処法

冬の乾燥する季節にストッキングをはくときや、

夏にサンダルやミュールを履くときなど。

カチカチガサガサかかと…気になりますよね…。

一度かかとが堅くなってしまうと、

保湿しても保湿してもなかなか柔らかくならない…。

今回は、柔らかい“かかと”を維持するコツをご紹介いたします。

保湿ケア、かかと、かかとケア、保湿、乾燥、かさかさ

大事なのは、日々の習慣!

かかとが堅くなってしまう原因は、

実は日々の生活習慣に隠されていることが多いのです。

1つ1つ気にしていくと、“柔らかかかと”を維持することができますよ^^

 

  • 暑いシーズンでも“できるだけ”靴下を

室内では〝はだし〟で過ごす方も多いと思いますが、

〝できるだけ靴下(綿が多いものが理想的)を履いて過ごす〟ようにしましょう。

カーペットやフローリングを歩くたびに、

かかとの皮膚表面の水分・油分が奪われていく・・・

これが乾燥の原因になってしまいます。

 

  • 冷やしてはダメ!冷えは禁物!

からだの末端が冷えてしまう冷え性の方。

この冷えが新陳代謝を悪くし、〝かかとに古い角質をため込んでしまう原因〟になっていることがあります。

体が温まるものを食べたり、足元を重点的に温めるなどの工夫をしましょう。

 

  • サイズの合う靴を選ぶ

人間の皮膚は、

負担となる過剰な摩擦がかかると防衛機能が働きます。

これによって、結果、自ら角質をため込もうとしてしまう。

ペンだこなどもこれが原因です。

足に合わない靴を履いているとかかと部分がすれてしまい、

体重を支えているかかとに〝過剰な負担がかかり角質が堅くなってしまう〟のです。

しっかりかかとをホールドしてくれる靴を選びましょう。

 

  • 皮膚が柔らかい状態でしっかり保湿を

かかとの保湿もやっぱり〝お風呂上がり〟が有効です。

〝入浴後の皮膚が柔らかいうちに、保湿力の高いクリームでしっかり保湿〟しましょう。

保湿後にそのまま歩いてはダメ。

滑るし、せっかく塗ったクリームが取れてしまいます。なので、靴下も忘れずに…。

かかと、かかとケア、乾燥ケア、つるつるかかと、フットケア、ボディケア

それでも堅くなってしまったら…

一度堅くなってしまったら、いくら保湿をしても大きな効果は期待できません。

堅くなった角質が邪魔をするため、しっかりと浸透しないのです。

少し硬いかな?と思う程度ならば、

市販のスクラブなどで念入りにお手入れするのがおススメ。

カチカチになってしまった場合は、

フットケアをおこなっているネイルサロンでしっかり角質を除去してもらうのがいいかもしれません。

無理なホームケアは、けがの元ですのでご注意くださいね^^

 

人気記事です。こちらもどうぞ⤵⤵

【激売れ】ガッサガサかかとに口コミ高評価の保湿クリーム

主婦湿疹に負けない!正しいハンドクリームの塗り方

美、美しさ、美貌、beauty、BEAUTY

NOTICEは、とある調剤薬局が取り組む
新しい情報サイトのカタチ。
身体にも、こころにも効きそうな
効きそうな商品・情報をお届け!!

あなたにとっての健康・美しさ・豊かさって?

新しい気付きを、NOTICEでぜひ発見してください。
私たちについての紹介ページもぜひご覧ください↓↓

株式会社インフィニット・エボリューション、にじいろたまごのお店

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。