鬼滅の刃、きめつのやいば、きめつ、鬼滅の刃名言、きめつのやいば名言、名言

【薬剤師監修】誰だって鬼になり得る。鬼滅の刃に学ぶ!「処世」

僕たちに出来ることなんて高が知れている。
ただ、僕たちに出来ることがあることも知っている。

僕たちは〝小さな気づき〟を届けるお手伝いを続けていく。
変わりたいと願い、変わるための準備をしているあなたへ。
 
大丈夫、変われるから。いつだって、変われるから。
心から応援しています。

株式会社インフィニット・エボリューション 代表取締役 永井 博

(2020.11.15更新)

【Notice of today:人間味(にんげんみ)】

「鬼滅の刃」は、鬼を滅するために立ち上がった人間と、人間を喰らう鬼とが描かれた漫画です。

架空の物語に登場する人間と鬼は、実に〝人間味〟に溢れている。

彼らの発する言葉から、

人生を全うすること

について考えてみる。

『鬼滅の刃に学ぶ!処世編』。スタートです。

※テキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。



👹産屋敷耀哉の名言💡

「君を悪く言う人は
皆、君の才能を恐れ羨ましがっているだけなんだよ。」

※鬼滅の刃ジャンプコミックス14巻 著:吾峠呼世晴

□産屋敷耀哉「鬼殺隊元当主」
君を悪く言う人は
皆、君の才能を恐れ羨ましがっているだけなんだよ。

産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)は、鬼を退治する鬼殺隊を取りまとめる人物。

いわゆる、組織のトップにあたる人です。

物腰柔らかく、優しく語り掛ける彼の言葉は、〝信念〟について語ったもの。

「鬼滅の刃」で当主を務める産屋敷耀哉からは、なにを学ぶことが出来るでしょうか?


私は「出る杭は打たれる」という言葉が大嫌いです。

もしかしたら、あなたも産屋敷の言葉に〝私と同じ想い〟を抱いたかもしれません。

私たちは多文化共生が求められる社会に生きているので、

他人からの妬(ねた)みと縁を切ることは出来ない

境遇にあります。

私は〝出る杭〟になるのがとても怖くて、避けてきた。

正直、今も怖いことに変わりはなく、今も避けているところはある。

でも、少しだけ、ほんの少しだけ打たれ強くもなりました。


私が尊敬するひとは、

「出過ぎた杭になればいい」

って言っています。

妬みを強さに変えろ!って。

〝出る杭も飛び抜けてしまえば叩きようがなくなる〟って話です。

産屋敷耀哉からのメッセージは、ある意味では

開き直りのススメ

ですよね?

「キミは君なんだから、自信を持って前に進みなさい!」って。


「自分を信じて進みなさい。」

言葉にするのはとっても簡単。

でも、実際にはとてもとても難しいことです。

でもね、たった1度の人生だから、1度切りの人生だから、

せめて自分だけでも自分自身を誇るべきだ

って私は思いました。

私が下を向き始めたときにお尻を叩いてくれる、温かさと厳しさのある産屋敷耀哉の名言です。

自分を誇れるように、日頃から出来る努力を積み重ねておかなければなりませんね。



👹「冨岡義勇」の名言💡

「今度から懐におはぎを忍ばせておいて、不死川に会う時にあげようと思う」

※鬼滅の刃ジャンプコミックス16巻 著:吾峠呼世晴

□冨岡義勇「鬼殺隊水柱」
今度から懐におはぎを忍ばせておいて
不死川に会う時あげようと思う。

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生は、〝コミカルな場面〟を「鬼滅の刃」に数多く描いています。

読者をクスっと笑わせてくれるワンシーンから、水柱冨岡義勇の言葉をご紹介します。

一見、

名言とはかけ離れていそう…

と思える言葉のようですが…。


いつも涼しい顔をした冨岡義勇。

風柱の不死川実弥(しなずがわさねみ)は、そんな彼のことがどうにも気に食わない。

まさに2人のような関係性のことを「馬が合わない…」と言う。

過去、現在、あなたの近くにも…ね?


人の好みも習慣も千差万別ですから、

「馬が合わなければ必要以上に近づかなければいい」

というのが私の考え方。

けれど、そんな私に冨岡義勇の言葉は

「次は違う方法も試してみようかな?」って思わせてくれた

のです。


アドバイスをもらった冨岡義勇が、不死川実弥のご機嫌取りに使おうと考えた〝おはぎ〟。

実弥の大好物(「鬼滅の刃」の舞台は大正時代)なんです。

食べ物で実弥が釣られるようなことはないだろうけれど、プライベートでも仕事でも

相手の好みを把握しておくことはとても大事!

ということを改めて確認させてくれた義勇の言葉。

定番と言われるものでもなく、小綺麗に飾ったものでもなく。

相手のことを想って選択したものを〝一緒に分かち合う〟という体験。

普通がダメなら、笑っちゃうほどの〝予想外〟を懐に準備したほうが好転しそうではありませんか?


人生の経験値?が貯まってくると、不要なものを「避ける術(すべ)」が身に付きます。

聞こえは良いですが、「逃げているだけ」と解釈することも出来るものです。

人間関係で例えるならば、前述したように「馬が合わない」と判断した人とは距離をとって近づかないという術。

最近、よく耳にしませんか?

「嫌なモノには関わらないで、好きな事だけやればいい。」

という主張。

私も「好きなことをやればいい!」とは考えていますが、〝好きなことだけ…〟には否定的です。

好きな事、やりたい事にも、面倒だったり嫌だったりすることが必ず付いてくる

ものだから。

「嫌なことは全部他人に…」が出来るひとは、ごくごく一部の限られたひと与えられた特権。

であれば、

相手との距離を縮めるのに「おはぎ理論を使ってみる!」のもアリ

なのでは?


👹「宇髄天元」の名言💡

「この国はな、広いんだぜ。
凄ェ奴らがウヨウヨしてる。
俺が選ばれてる?ふざけんじゃねぇ。
俺に才能なんてもんがあるように見えるか?」

※鬼滅の刃ジャンプコミックス10巻 著:吾峠呼世晴

□宇髄天元「鬼殺隊元音柱」
この国はな広いんだぜ
凄ェ奴らがウヨウヨしてる。
俺が選ばれてる?ふざけんじゃねぇ
俺に才能なんてもんがあるように見えるか?

「自分には特別な才能がない。」

このように語る宇髄天元(うずいてんげん)は、男前で、とても派手な男として
「鬼滅の刃」の作中で描かれています。

派手な身なりとは裏腹に、天元は実に〝冷静な男〟でもある。

ご紹介している彼の言葉、自己分析からも推察できるところです。


私は未だに〝自分を他人と比較〟してしまいます。

特別な才能なんて無いのだから、比べることをやめない限り

比べることをやめない限り〝必ず〟上がいる

っていうのに…。

何度経験しても、このザマです…。

宇髄天元23歳。私、40超え…。この差に愕然とする…。


このページが生まれたのは、新型コロナが蔓延し、日本中が混乱に陥っているタイミングです。

「この国はな、広いんだぜ。凄ェ奴らがウヨウヨしてる。」

宇髄天元の言葉は、私には〝今の日本へのメッセージ〟のようにも聞こえてきます。

凄い奴はいくらでもいるから、

自分がすべきことを考えて、自分が出来ることから実行しろ

ってね。

意見を交わすことはもちろん大事なことですが、議論ばかりしていても仕方がない。先に進まない。


鬼殺隊元音柱宇随天元、鬼滅の刃、きめつのやいば、きめつ、鬼滅の刃名言、きめつのやいば名言、名言

誰にだって、出来ないことがある。

選ばれた人間でなくとも、何かしら出来ることもある。

天元の言葉が教えてくれるのは、

自分に出来ないことは、きっと誰かがやってくれる

ということ。

欲張りさんになる必要は無いってことだと思います。


👹時透無一郎の名言💡

「もう、大丈夫だよ。」

※鬼滅の刃ジャンプコミックス14巻 著:吾峠呼世晴

□時透無一郎「鬼殺隊霞柱」
もう、大丈夫だよ。

「大丈夫」という言葉。

普段、よく口にするし、よく耳にする言葉ですよね?

無意識に、反射的に、とっさに口から出てしまっているのが「大丈夫」という言葉です。

時透無一郎(ときとうむいちろう)と一緒に「大丈夫」を学びます。


私は「大丈夫」という言葉が

とても扱いが難しいもの

だと思っています。

扱う機会はとても多いのに、

そのほとんどが言葉の裏に真意を隠して使われている

ように思えて仕方ないからです。

その場を切り抜けるための「大丈夫」で、心を痛めている人たちがたくさんいるような気がするのです。


霞柱時透無一郎、ときとうむいちろう名言、薬剤師監修、鬼滅の刃、きめつのやいば、きめつ、鬼滅の刃名言、名言アニメ、名言
霞柱 時透無一郎

時透無一郎(ときとうむいちろう)は、合理的なモノの考え方をする、実に淡泊な性格のキャラクターとして描かれています。

そんな〝読めない男〟だった彼は、ある出来事をキッカケに心を開くようになり、

「もう大丈夫だよ」

とつぶやきます。

迷いのない、偽りのない「大丈夫」の言葉。

これこそが

キモチが整った本当の大丈夫。


〝大丈夫の閾値〟は、人それぞれに違います。

大丈夫が指すものはとても曖昧なので、本心を読み取ることも難しい。

例えば、咳込んだ人にかけた「大丈夫ですか?」の一言。

たまたま咳込んだだけの人にとっては、場合によっては〝余計な心配〟と思われてしまうかもしれない。

重度の喘息を患っている人にとっては、〝命に係わる声がけ〟になり大きく感謝されることになるかもしれない。

同じ一言なのに、前者と後者で

意味合いが全く違う

ことが分かります。

仮に「大丈夫です。」と返事があったとしても、言葉の重みに雲泥の差があるわけです。


「大丈夫」という言葉は、世の中をうまく渡っていくために使うものではありません。

大丈夫じゃない時に「大丈夫!」って言っちゃ絶対にダメ

です!


人生には、1つとして同じものは無い。

だからこそ、他人の一生には学ぶべきところがたくさんあると思う。

to be continued…

こちらもどうぞ⤵⤵

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。