• AREA
  • 大府エリアのいろいろ
おすすめ、オススメランチ、おすすめランチ、ランチ、おすすめ、lunch

【大府のおすすめランチ】CAFE LE PIN(カフェ・ルパン)大府店編

(2018.12.7更新)

お店選びって、とっても迷いませんか??

特に、〝だれかと一緒に行く〟〝知り合いを連れていく〟なんて時は、ちょっぴり慎重になってしまったり…。【お店の評価=自分の評価】みたいな構図を想像してしまいます。

今回は、「友人とのランチ。さて、どこに行こうかな…。」と思った方に、大変好評いただいている【大府のおすすめモーニング記事】でもご紹介しているCAFE LE PIN(カフェ・ルパン)大府店さんのランチタイムをご紹介させていただきます。

CAFE LE PIN(カフェ・ルパン)大府店さんのモーニングをご紹介した記事です⤵⤵

■松屋式ドリップが有名


CAFE LE PIN(カフェ・ルパン)さんは、〝松屋コーヒーの直営店〟です。

松屋コーヒーといえば、100年以上も続くコーヒーショップ。長い年月のなかで生み出された〝松屋式ドリップ法〟でいれるコーヒーが大変有名です。

これからご紹介していくカフェルパン大府店さん。ランチタイムの時間帯は松屋式ドリップはお休みとなってしまうのですが、松屋式ドリップの〝穴を埋めてなお余りあるランチメニュー〟がCAFE LE PIN(カフェ・ルパン)にあるのです。

※時間をかけて1杯ずつ丁寧に仕上げる松屋式ドリップは、カフェルパン大府店ではAM11:00~PM2:00の間はお休み

松屋コーヒー公式HPはこちら☞☞☞http://matsuya-coffee.com/

迷うほど豊富なランチメニュー


〝モーニングからディナーまで楽しめるカフェ〟とご紹介しているCAFE LE PIN(カフェ・ルパン)さん。ポイントの1つは、CAFE LE PIN(カフェ・ルパン)さんの〝豊富なメニュー〟です。

それでは、CAFE LE PIN(カフェ・ルパン)大府店のランチタイムをチェックしていきましょう!!

こちらのお店のランチタイムは【AM11:00~PM3:00】の4時間です。メニューには、〝毎日選ぶことが出来るもの〟と〝日替わりのもの〟とがあります。

メニュー表に写真付きで紹介されているものが多いので、〝見て選ぶ〟ことが出来るのも嬉しいポイント!!

□毎日楽しめるランチメニュー ※ドリンクは付いていません。プラス150円~でセットに出来ます

・プチハンバーグとミックスフライランチ
・知多三元豚 ポークジンジャーソテーとミックスフライランチ
・チキンスープカレー などなど

□【日替わりランチ】 ※ドリンク付

日・祝を除くランチタイムには、1日30食限定の日替わりランチが用意されています。わたしはまだ出会えたことがありません。

ボリューム満点ランチ。オシャレなパスタも◎


豊富なランチメニューは、どれも大満足のボリュームです。1,000円でお釣りが来る価格設定も、〝友人を連れてのランチ〟や〝ちょっと特別なランチ〟として十分に合格圏内と言えるのではないでしょうか?

カフェルパン、CAFE LE PIN、カフェ・ルパン、ランチメニュー
男性でも十分に満足なボリューム〝知多三元豚 ポークジンジャーソテーとミックスフライランチ〟

あんまり量が多いと…なんて方は、〝パスタランチ〟なんていかがでしょうか??

10種類を越えるパスタメニューの中から1つを選ぶパスタランチは、〝スープ〟と〝バケットまたはサラダ〟はセットになっています。プラス200円でパスタを大盛にすることも出来ます。

パスタセット、カフェルパン、CAFE LE PIN、カフェ・ルパン、ランチメニュー
この日にセットにしたのは〝スープ〟と〝サラダ〟
パスタセット、カフェルパン、CAFE LE PIN、カフェ・ルパン、ランチメニュー
パスタも美味しい!!見た目もキレイで◎写真は〝和風豆乳カルボナーラ〟⤴⤴

メニューが本当に豊富なので、〝おすすめメニュー〟を厳選するためには何度も通い詰めないと…。更新に努めて参ります。

みなさまからの情報も、随時、受け付けしております。是非、お寄せ下さいね。

こちらもどうぞ⤵⤵

大府市、共和、おでかけスポット、人気エリア

NOTICEは、とある調剤薬局が取り組む
新しい情報サイトのカタチ。
身体にも、こころにも効きそうな
商品・情報をお届けいたします!!

あなたにとっての健康・美しさ・豊かさって?

新しい気付きを、NOTICEでぜひ発見してください。
私たちについての紹介ページもぜひご覧ください↓↓

株式会社インフィニット・エボリューション、にじいろたまごのお店

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。