• HEALTH
  • からだの健康
物忘れ、認知症、忘れっぽい、認知症サポーター、認知症カフェ

『認知症発症率』世界ナンバーワンの国はどこ??

(2018.10.4更新)

先進国のなかで「認知症発症率No,1」

No,1は、、、

そうです、“日本のこと”です。

2017年11月11日の朝のニュースで取り上げられていたもの。

テレビ、テレビニュース、リモコン、報道

世界基準で日本を考えてみる。世界ナンバーワンだなんて…日本の認知症はもはや世界レベルでの大問題

 

・「モノをすぐに取り出せない(探せない)。どこにやったのかすぐ分からなくなるの。認知症かな?」

・「最近、忘れっぽくてね。ボケが始まったみたい、これって認知症?」

・「ダメだね、歳だよ。認知症になるんじゃないかって心配だよ」

これらは全て、

調剤薬局で日々繰り返される“薬局利用者様の声”です。

お気づきですね?

すべてに「認知症」というワードが入ってくるのです。

この手の会話になると、“必ず”と言っていいほど入ってきます。

おそらく90%の方が、会話の流れの中で無意識に「認知症」を口にされています。

深くは気にしていない、けれど、気にはしているのが9割の方々。

残り10%、1割の少数派の方々は、

・「どうしたらいいのかな?」

・「病院で検査した方がいいのかな?」

“具体的に認知症を意識した”コミュニケーションを図ろうとお言葉を続けます。

 

皆さん気になっています。不安なんだと思います。

“認知症”というものが、身近な存在になっていることにお気づきになっている。

認知症発症率No,1もうなづけます。

 

ただ、みなさん具体的な「実感」が無く、行動のための「キッカケ」となるものが無い。

結果、なんとなくそのまま。

認知症発症率「No,1」と分かった今、「次の一手」が間違いなく必要です。

1度立ち止まり、

何か「する」のか「しない」のかだけでも決断した方が良いのでは??

と思います。

認知症発症率世界No.1を、あなたはどのようにお考えになりますか?

病気、健康、体調不良、風邪、インフルエンザ、感染症、流行

NOTICEは、とある調剤薬局が取り組む
新しい情報サイトのカタチ。
身体にも、こころにも効きそうな
商品・情報をお届けいたします!!

あなたにとっての健康・美しさ・豊かさって?

新しい気付きを、NOTICEでぜひ発見してください。
私たちについての紹介ページもぜひご覧ください↓↓

株式会社インフィニット・エボリューション、にじいろたまごのお店

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。