• FOOD
  • たべもの
探す、望遠鏡、捜索、探検

カルピス・ヤクルトだけじゃない!さぁ出かけよう!!あなたに最適な乳酸菌を探す旅

(2019.7.1更新)

【Notice of today:これ〝で〟良いは×。これ〝が〟良いが◎】

多くのひとの生活に馴染みのある〝カルピス〟〝ヤクルト〟。言わずも知れた、代表的な

【乳酸菌飲料】

です。

今回お話しをさせていただくのは、乳酸菌飲料に求められる働きのなかでも、

〝健康の維持・増進に関係が強い乳酸菌〟

について。

乳酸菌を取り巻く環境は、数々の研究により日進月歩で進んでいます。

単純に〝乳酸菌〟と一言でくくってしまうことが出来るような時代ではなくなってきています。

乳酸菌の種類は〝何億〟にものぼり、

それぞれの乳酸菌は〝個性〟を持ち合わせている

ことが分かってきています。

そのため、私たちが乳酸菌入り飲料を手に取る際には、

あなたに合った、あなたの目的に合った性格を持つ乳酸菌を選択する必要がある

ことに注意しなければならないことを忘れてはなりません。

それでは早速、

あなたに必要な、あなたと相性の良い乳酸菌を探す旅へと出かけましょう!!

乳酸菌との出会い➀ ボディメンテドリンク(乳酸菌B240)


大塚製薬:500mlペットボトル(食品)

ボディメンテドリンクに配合されている乳酸菌は、

乳酸菌B240(正式名称:ラクトバチルスペントーサス)

という

〝大塚製薬独自の乳酸菌〟

です。

タイ北部の伝統食ミヤン(乳酸発酵茶)というものに使われている〝茶葉〟から発見された乳酸菌なんだそう。

葉っぱ🍃由来ということは、乳酸菌B240は

〝植物由来の乳酸菌〟

ということになるわけですね。

植物由来の〝乳酸菌B240〟を使って大塚製薬さんが生み出した乳酸菌in飲料が【ボディメンテドリンク】です。

2018年10月9日に発売を開始したボディメンテドリンク。

イメージキャラクターを務めるのは

〝Koki,さん〟

です。テレビCMで発売当初から大きな話題となりましたね。

Koki,さんが〝俳優の木村拓哉さん〟と〝歌手の工藤静香さん〟夫婦の娘さんであることから、商品の〝ボディメンテドリンク〟よりは、Koki,さんに注目が集まっていた印象のあるこの商品。

ですが、「カラダを守る乳酸菌」というキャッチフレーズを持つ〝乳酸菌B240〟のチカラも〝侮れない〟ものでした。

大塚製薬さんのボディメンテドリンクCM⤵⤵ ※音声が出ます

乳酸菌B240に期待される働きは、

〝私たちの免疫力を高めて、ウイルスや細菌からカラダを守ってくれる〟

というもの。

他の乳酸菌飲料と大きく異なるところは、ボディメンテドリンクの〝開発背景〟にあります。

ボディメンテドリンクの開発は、〝アスリート向けの製品開発〟としてスタート。多くのアスリートからの〝生の声〟

「本番で結果を出すために〝コンディショニング〟が重要」

に着目した大塚製薬。

大切なタイミングで〝風邪を引いてしまう〟〝ケガをしてしまう〟といった

〝不健康を起こさないための研究〟

の末に誕生した飲料が〝乳酸菌B240を配合したボディメンテドリンク〟なのです。

ボディメンテゼリー、ボディメンテ、大塚製薬、ボディメンテドリンク、ボディメンテシリーズ

乳酸菌B240に期待される効果

唾液や鼻汁などの粘液中のIgA抗体(体内に侵入してきた外敵を無力化する働きをする)の量を増やすというもの。

実際にヒトを対象とした試験で、乳酸菌B240の摂取による以下の働きが確認されています。

・唾液中のIgA分泌量を高める働き
・風邪を引きにくくする働き

※大塚製薬公式HP(乳酸菌B240研究所サイト)より引用 https://www.otsuka.co.jp/b240/immunity/immunity3.html

〝ボディメンテドリンク〟の味は??

ペットボトルのキャップを開封すると、まず

爽快なシトラスの香り

が漂います。

個人的にはこの感覚がとても好きで、柑橘系の香りをかいだ時のようなリラックス感を体感することが出来ます。

ボディメンテドリンクの味は、

グレープフルーツジュースのようなイメージ

を持っていただくと宜しいかと思います。

個人的な感想としては、

〝乳酸菌独特のクセ〟を感じることはありません

でした。

柑橘系っぽい味わいと紹介していますので、この系統独特の苦みをクセと感じる方はいらっしゃるかもしれませんが。

ボディメンテドリンクは、スッキリ・さっぱりとした味わいの乳酸菌飲料とご紹介しておきます。

こちらもどうぞ⤵⤵

乳酸菌との出会い➁ カラダカルピス(乳酸菌CP1563)


アサヒ飲料:500mlペットボトル(機能性表示食品)

カラダカルピス、カルピス本社、アサヒ飲料、乳酸菌飲料、体脂肪を減らす、カロリーゼロ、竹野内豊

多くのひとに馴染みのある〝カルピス〟は、

【日本初の乳酸菌飲料】

さんですよ♪

カルピスの〝キャッチフレーズ〟ってご存知でしょうか??

発売当初、甘くて酸っぱい味のカルピスは

「初恋の味」

と大きく広告されていたそうなんです。

※カルピス株式会社ポータルサイト「カラダにピースCALPIS〝カルピスの想いと歩み〟」より

〝乳酸菌で体脂肪を減らす〟の文字が大きなインパクトを放つ商品パッケージの【カラダカルピス】

まずはこちらをご覧ください。

とても〝良い味〟を出している〝竹ノ内豊さん出演の商品CM〟が印象に残っている方も多いのでは??

こちら⤵⤵は『母の日編』 ※音声が出ます

乳酸菌をイメージしやすいカルピス。長年にわたって愛され続けてきた、誰もが知る飲料がカルピスです。

アサヒの長年の乳酸菌研究によって見つけられた乳酸菌が、イメージキャラクター竹野内豊さんを思い出す【カラダカルピス】に配合されている〝乳酸菌CP1563〟です。

乳酸菌CP1563は、

〝体脂肪を減らす〟

とPRされている乳酸菌で、

〝機能性表示食品〟

として次のことを謳っています。

乳酸菌CP1563は、筋肉や肝臓における〝脂肪を燃やす酵素の活性化〟に関係し、〝脂肪をエネルギーに変える働きをサポート〟している。

乳酸菌というと「お腹の調子を整える」ということばかりにスポットが当たりますが、体脂肪への働きかけにまで研究は進んでいるのです。

〝カラダカルピス〟の味は??

原液を薄めて作りあげる〝昔ながらのカルピス味〟に慣れ親しんできた方には、

〝薄い〟〝あっさりし過ぎている〟〝物足りない〟

といった感想に至る可能性が高いかもしれません。

WEBでの感想も2極化しています。

〝普通のカルピスと変わらない〟〝おいしい〟といった意見も見られますので、これまで経験してきた〝薄めるカルピスの味わい方〟によって評価が大きく分かれているのでは?と感じます。

個人的には、

〝乳酸菌独特の苦み〟が後味として残る

と感じました。

「良薬は口に苦けれども病に利あり」といったところでしょうか。

普通のカルピスと何も変わらないことを良しとする考え方もありますし、あえて違いがあることを続けることの意義とする考え方もあるのではないでしょうか?

乳酸菌との出会い③ レモンと乳酸菌の水分補給ゼリー(シールド乳酸菌)


森永乳業:130gプラスティックパウチ(食品)

食品大手メーカーの

〝森永乳業さん〟

が2018年5月16日に発売開始したのが【レモンと乳酸菌の水分補給ゼリー】です。

商品名にも入っている〝乳酸菌〟の文字。こちらの商品に配合されている乳酸菌は

〝シールド乳酸菌〟

です。

1袋に100億個配合されているという〝シールド乳酸菌〟は、その名の通り

「盾(シールド)のように外部の敵から身を守ることをイメージして命名された」

もので、

「カラダを守る=免疫機能を優位にする」

働きを期待出来る乳酸菌です。

自社保有の菌株(数千種)の中から、

〝免疫を高める働きに優れた乳酸菌(=シールド乳酸菌)〟を選定し、配合して生み出されたものが【レモンと乳酸菌の水分補給ゼリー】

脱水や熱中症の対策商品(食品)としてデビューしました。

【レモンと乳酸菌の水分補給ゼリー】は、

夏場などに起こる〝発汗による体調不良〟や〝食生活の乱れによる不調〟、〝冬場の隠れた脱水〟への対策に用いる乳酸菌飲料です。

レモンと乳酸菌の水分補給ゼリー、森永乳業、脱水対策、熱中症対策

【レモンと乳酸菌の水分補給ゼリー】に配合されている〝シールド乳酸菌〟は、発売同年の8月に、

米国にて食品素材をして販売する権利(※GRAS認証)を取得

しています。

※GRASは国際的に広く認知されている米国の食品安全に関する認証制度

これは、

米国の制度でも〝シールド乳酸菌〟の安全性が評価された

ことを意味しています。

森永乳業さんのこのような海外への事業展開活動は、日本国内のみならず、

米国においても健康志向が高まっていることを裏付けるもの

と言えると思います。

〝シールド乳酸菌(正式名称ラクトバチルス・パラカゼイMCC1849)〟の特長は、

加熱殺菌体でありながらも免疫を高める働きを保有

する乳酸菌であるという点にあります。

この特長により、シールド乳酸菌は

加熱処理による乳酸菌としての品質低下が起こらないため、幅広い加工食品への応用が可能

です。

生菌では難しかった〝様々な食品への応用〟が、シールド乳酸菌の発見により実現。

お味噌汁などの生活に身近な食品や、利便性の良いタブレットなど、様々なものへと配合されるようになっています。

とても大きな可能性を秘めた乳酸菌であると言えますね。

マウスを対象とした試験になりますが、こんな研究結果も発表されています⤵⤵

インフルエンザ感染の症状が軽減されることを確認 ※森永乳業(株)公式HP(シールド乳酸菌のひみつ)より引用

レモンと乳酸菌の水分補給ゼリーの味は??

さっぱりとした味わいが特徴の〝レモンゼリー〟と想像してみてください。

ゼリータイプの商品なので、喉への負担は少なく、サラっと補給が出来る点が◎。

乳酸菌の存在は感じない味

です。

商品名に〝レモン〟と入っていますが、決して濃い味ではなく「レモン味がきつい」「酸っぱい」と感じることはないと思います。

冬場の〝隠れ脱水〟や、暑さが厳しい時の〝熱中症対策〟としてオススメの商品なので、「味が薄い」と感じるぐらいのタイミング(早めのケア)で摂っていただいたほうが良いものです。

乳酸菌との出会い④ 届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌CP2305(プレミアガセリ菌CP2305)


アサヒ飲料株式会社:100mlペットボトル(機能性表示食品)

アサヒ飲料、カルピス、カルピス由来の乳酸菌科学、プレミアガゼリ菌CP2305、乳酸菌飲料、届く強さの乳酸菌プレミアガゼリ菌CP2305

アサヒ飲料さんの【届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌CP2305】は、

便秘や下痢の改善を期待できることを謳った〝機能性表示食品〟

です。

【届く強さの乳酸菌】1本あたりには、〝プレミアガセリ菌CP2305〟が100億個配合されていて、腸内バランスの改善に役立つ働きをしていきます。

〝脂肪ゼロ〟

という特長もメリットの1つとしてあげられます。

プレミアガセリ菌CP2305の研究結果としては、

3週間継続して摂取することで腸内のビフィズス菌(善玉菌)を増やすことが出来たとする成果が発表されています⤵⤵

※アサヒ飲料(株)公式HP(届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌CP2305商品紹介ページ)より引用

乳酸菌〝プレミアガセリ菌CP2305〟の働きは、腸内バランスを整えるだけにとどまりません。

〝脳腸相関〟という〝脳と腸との自律神経を介した関係性〟を利用した〝ストレスの緩和〟に対する働きかけにも期待することが出来るとしています。

〝届く強さの乳酸菌〟に期待されるリラックス効果は、

〝睡眠の質を改善〟し、〝ストレスを緩和する〟としたものです。

届く強さの乳酸菌プレミアガセリ菌CP2305の味は??

味わいは

〝飲むヨーグルト〟

ですね。

ただし、ヨーグルトの特徴と言える〝独特の酸味感〟はほとんど感じません。

甘さがしっかりとある飲むヨーグルトと言いますか、とても飲みやすいので「普通に美味しい」といった個人的な感想です。

同社の「【濃いめのカルピス】より濃厚」と感じる味わいで、乳酸菌のクセを感じることはありません。

乳酸菌の苦みをマスキングする高い技術の為せる業なのかもしれませんが、「〝プレミアガゼリ菌CP2305〟は美味しい菌なのかもしれない」と思ってしまいます。

開封した時に香る

〝懐かしいフルーティー感〟

が個人的には好きですね。何かに似ているんだけどなぁ~、思い出せない…。

届く強さの乳酸菌プレミアガゼリ菌TVCM⤵ ※音声が出ます


乳酸菌との出会い⑤ Newヤクルト(乳酸菌シロタ株)


ヤクルト本社:ポリスチレン容器65ml(特定保健用食品)

病気にかからないようにするための医学、『予防医学』。

予防医学に早い段階から着目をしていた〝代田稔氏〟が発見した乳酸菌が

〝乳酸菌シロタ株〟

です。どこかで聞いたことがありますよね?

「胃液などによって消化されることなく腸まで届く」

として、昨今の乳酸菌研究の先駆けとなった〝元祖乳酸菌〟です。

小さな子どもからご年配の方にまで、幅広く愛されている【ヤクルト】

この大人気商品に配合されているのが、乳酸菌シロタ株(L.カゼイYIT9029)です。

乳酸菌、乳酸菌飲料、ヤクルト、ヤクルト400
※ヤクルト400特設サイト(乳酸菌シロタ株はココが違う!)より引用

ヤクルト商品にはいくつか種類があり、配合されている〝乳酸菌の数〟や〝カロリー〟の違いで商品名が違います。

わたしたちに〝最も身近なもの〟としては、スーパーなどの量販店で手にすることが出来る【Newヤクルト】です。

1本65mlというイッキ飲みサイズ?に、乳酸菌シロタ株が200億個配合されています。

スーパーやコンビニでは手にすることが出来ない

〝宅配専用品〟

には、1本に乳酸菌シロタ株が400億個配合されている

〝ヤクルト400〟

や、ヤクルト400からカロリーが30%カットされた

〝ヤクルト400LT〟

があります。

〝ヤクルト400〟と〝ヤクルト400LT〟の2つは、〝ヤクルトレディ〟が送料無料で自宅へと届けてくれる(毎週)ヤクルトです。

先にお話しさせていただいたように、ヤクルトに配合されている乳酸菌シロタ株は

〝生きたまま腸内に届く〟

という点で他に紹介してきた乳酸菌飲料と大きく異なっています。

乳酸菌シロタ株(正式名称ラクトバチルス カゼイ シロタ株)は生菌であり、

「良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善してお腹の調子を整える」

と付けられている〝キャッチフレーズ〟があります。

このことは、下記の研究成果を元にしたものです。

1日100億個以上の乳酸菌シロタ株を4週間にわたって摂取。
結果、腸内の〝ビフィズス菌が3倍に増え〟〝大腸菌は5分の1に減少〟⤵⤵

※ヤクルト400特設サイト(乳酸菌シロタ株はココが違う!)より引用⤴⤴

Newヤクルトの味は??

「ヤクルトと言えば乳酸菌」。「乳酸菌と言えばヤクルト」のイメージで育ってきた私には、

【乳酸菌の味=ヤクルトの味】

といった法則がカラダに染みついていて…。

Newヤクルトには〝十分な濃さ〟がありますので、甘さという点では申し分ないのでは?と個人的には思います。

コクと言いますか、〝口の中・舌の上に残る感じ〟がヤクルトにはありますが、この点に抵抗感がない方であれば〝毎日の1本〟は問題なくクリア出来るのではないでしょうか?

乳酸菌との出会い⑤ 明治プロビオヨーグルトR-1ドリンクタイプ(OLL1037R-1)


株式会社明治:112mlペットボトル(食品)

乳酸菌、明治、強さひきだす乳酸菌、乳酸菌飲料
112ml〟R-1〟と100ml〝プレミアガゼリ〟のコラボ(クリスマスバージョン)

【明治プロビオヨーグルトR-1】に配合されている乳酸菌は、ヨーグルトを作るために使われるブルガリア菌のひとつです。

乳酸菌の名称は〝OLL1073Rー1株〟と付けられています。

「強さ引き出す乳酸菌」のフレーズで有名な乳酸菌ですね。

この乳酸菌は、〝強さ引き出す〟を実際に実行しているEPS(exopolysaccharide:エクソポリサッカライド:)と呼ばれる多糖体を産生することで免疫機能を活性化しています。

〝OLL1073Rー1(※以下乳酸菌R-1)〟は、meiji(明治)を代表する乳酸菌です。

R-1乳酸菌の凄さは?

乳酸菌R-1が関連するヒトを対象とした試験では、以下のような研究結果が発表されています。

・風邪にかかるリスクを低下させた

山形県舟形町に住む70~80歳の高齢者57名と、佐賀県有田町に住む60歳以上の高齢者85名を対象にしておこなった試験。いずれも健康な方々を対象としたこの試験は、どちらの地域も2つの群に分けるところから始まりました。山形県の57名、佐賀県の85名それぞれを、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90g食べる群(A)と牛乳を1日100ml飲む群(B)とに分けます。山形県の方々には8週間、佐賀県の方々には12週間継続して食べてもらい、体調や免疫の変化を比較します。

結果、どちらの地域でも乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群(A)では、風邪罹患リスクの低減を確認。また、牛乳を飲んだ群(B)の風邪を引くリスクを〝1〟としたときに、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群(A)は、山形県有田町では〝0.44〟、佐賀県舟形町では〝0.29〟となり、2つの平均値は〝0.39〟とリスクが大きく減少するとの結果が出ました⤵⤵

乳酸菌、明治、乳酸菌飲料
※明治公式HP(乳酸菌研究最前線)より引用

・インフルエンザワクチンの効果を高める可能性がある

乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを継続的に摂取している場合と摂取していない場合とで、インフルエンザワクチンの効果に差がでるのか否かを確認するための試験。インフルエンザワクチンを接種した後に体内で作られるインフルエンザワクチン株に対する抗体の量(抗体価)に与える影響を調べるというもの。

健康な方にインフルエンザワクチンを接種する3週間前から乳酸菌1073R-1株を使用したドリンクヨーグルトを毎日飲用してもらいます。その後、インフルエンザワクチンを接種してもらい、前後に体内で作られたインフルエンザワクチン株に対する抗体の抗体価の測定を実施。

その結果、乳酸菌1073R-1株を使用したドリンクヨーグルトを毎日飲用した方は、未発酵の酸性乳飲料(プラセボ)を飲用した方に比べて、インフルエンザA型H1N1、B型のワクチン株に対する抗体の抗体価が高く、通常とは異なる推移を示しました⤵⤵

インフルエンザワクチン、インフルエンザ予防接種、R-1ヨーグルト、強さ引き出す乳酸菌
※明治公式HP(乳酸菌研究最前線)より引用

つまり、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを継続的に摂取することで、インフルエンザワクチンの効果を高める可能性があることを明らかにしたと言えます。

・高齢者のインフルエンザ予防に繋がる可能性がある

神奈川歯科大学 口腔科学講座環境病理学 槻木恵一教授らのグループによって、2014年10月~12月の間に実施された試験(プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験 ※1)。

※1 試験食品と対照食品を同じ条件で与える試験

神奈川県内にある、2つの特別養護老人ホームで実施されたこの試験は、施設に入所する高齢者 96名を被験者として実施されました。試験内容は、被験者の半数(C)には乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを、もう半数の人(D)には対照ヨーグルトを1日1回100gを12週間にわたって毎日摂取してもらい、CとDの両グループのインフルエンザA(H3N2)亜型に反応する唾液中IgA(※2)の推移を比較するというもの。両グループとも、開始から約5週間経過した11月初旬にインフルエンザワクチン接種を実施。

※2 口腔、目・鼻などの粘膜に存在し、特に口腔では体内へのウイルスや細菌などの侵入を防ぐ重要な役割をしている抗体

乳酸菌、ヨーグルト、乳酸菌飲料
※明治公式HP(乳酸菌研究最前線)より引用

その結果、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを摂取した群(C)は、対照群(D)と比較してインフルエンザA型H3N2ウイルスに反応するIgAが有意に多いことを確認⤵⤵

※明治公式HP(乳酸菌研究最前線)より引用

これはつまり、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを継続的に摂取することで、インフルエンザウイルスに対抗する力をもつIgAが増えることが確認できたことになります。

明治プロビオヨーグルト〝ドリンク〟の味は??

「まさに飲むヨーグルト!!」と当たり前の感想になってしまいます、申し訳ありません。

【届く強さの乳酸菌(前述)】とは異なり、

ヨーグルトの酸味感がしっかりと残っている

商品です。

固形タイプのヨーグルトをドリンクタイプで摂っている。まさにそのようにお感じになられるのではないかと思います。

〝飲むヨーグルト〟の他に適正だと思う言葉が見つかりません。

明治には固形のヨーグルトと液体のドリンクタイプがラインナップにあるので、選択出来るという点はメリットになりますね!

いかがでしたか?

〝乳酸菌〟と一言で言っても、様々な個性と特長を持ったものがたくさん存在しています。ご紹介した乳酸菌、商品はその中のごくごく一部です。

お伝えしたいことはただ1点です。

あなたに必要な乳酸菌を、正しい飲み方でカラダに摂り入れていただきたい。

あなたの乳酸菌選びに、少しでも参考になれば幸いです。

株式会社INFINITE EVOLUTION、Notice、にじいろたまごのお店、健康、たべもの、グルメ、食、美食、おいしい

NOTICEは、とある調剤薬局が取り組む
新しい情報サイトのカタチ。
身体にも、こころにも効きそうな
商品・情報をお届けいたします!!

あなたにとっての健康・美しさ・豊かさって?

新しい気付きを、NOTICEでぜひ発見してください。
私たちについての紹介ページもぜひご覧ください↓↓

株式会社インフィニット・エボリューション、にじいろたまごのお店

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。